スポンサード リンク


ポルテの福祉車両が入庫しました(販売用兼宅配見学用)

トヨタポルテの助手席回転リフトアップシート型の福祉車両が入庫しました。宅配見学サービスに使いつつも、この現車を気に入ってくれた方には販売も考えています。

ちょっとした手直し部分を、提携の風見自動車さんにお願いしてありましたので、風見自動車の事務方代表ちえみさんが納車に来て下さいました。


当店は、このちえみさんの紹介から福祉車両改造大手のニッシン自動車工場さんに協力してもらえるようになりました。ニッシン自動車工場立ち上げの前から社長と知り合いだったそうです。先日も、ニッシンさんで働いている方と飲む機会があったそうです。


さてポルテの方ですが、助手席のドアが大きく開くスライドドアということもあって、福祉車両としては大変使い勝手の良いものとなっています。宅配見学で希望者のご自宅までお見せに伺うことも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

タグ

2010年11月 9日

スタッフ (07:21) | コメント(0)

カテゴリ:スタッフブログ



日産 セレナ 新型発表 福祉車両のライフケアビークルは5車種

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、フルモデルチェンジした『セレナ』をベースに福祉車両『ライフケアビークル(LV)』を設定し、日産系ディーラーで11月29日から発売する。

新型セレナのライフケアビークル(LV)は、新型車の特長である室内の広さや大開口スライドドアを活かし、家庭から福祉施設、病院まで幅広いニーズに対応する5つの仕様を設定した。

「アンシャンテ・ステップタイプ」は、助手席に乗降する人と助手席側スライドドアから後席へ乗降する人が、同時に使えるロングステップを採用した。ステップイルミネーションも装備し、暗い場所でも乗降しやすくした。

「アンシャンテ・助手席スライドアップシート/セカンドスライドアップシート」は、助手席か2列目左側シートが、車両の外側に電動で回転・昇降する。これによって車への乗り降りが容易にできる。乗車準備、降車後のシート格納時間を短縮できる早送り機能を採用。シート回転・昇降操作に加えシートスライドとシートリクライニングの操作が可能な多機能リモコンを採用したオリジナルの多機能スライドアップシートを搭載する。

「アンシャンテ・送迎タイプ」は、福祉施設や病院などでの使用を前提に、それぞれの利用者の送迎時にスムーズに乗降ができるよう工夫した。2列目に専用形状シートを採用し、助手席側スライドドアから室内への乗降性を向上させたほか、乗降用手すりやステップなどを装備する。

「チェアキャブ・リフタータイプ」は、簡単なリモコン操作で昇降する全自動リフターを装備し、車両後部から車いすのまま車内に乗り込める。プラットホーム上で車いすの固定が可能なため、介助者の負担を軽減しながら、車いすのまま楽に乗降できる。また、介助者が車いす乗員の近くに座れるシートレイアウトなため、家庭での使用から福祉施設・病院での使用まで、さまざまな用途に対応できる。

価格はアンシャンテ・セカンド・スライドアップシート車の20Xベース、4WDが309万2250円。

レスポンス自動車ニュース(Response.jp)より引用
http://response.jp/article/2010/11/08/147639.html ☚画像はこちらに


新しい福祉車両が発売されることは歓迎です。細かいところの使い勝手が良くなる進歩が含まれますから。ただいつも思うのは「新車の福祉車両は価格が高いな~」ということ。


回転リフトアップシート付きで、同じ車の普通の車種と比べると30万円~50万円ぐらい高いのが普通です。もちろんかなりの装置が付いてくるわけですから仕方が無いのですが、総額でみると新車の福祉車両はかなり高額な印象を持ってしまいます。そしてこれを「ポンっ」と購入できる方はどれぐらいいるんだろうかとも。。。


でも、だからこそ私達のような福祉車両の中古車取扱業者が頑張るべきですね。できるだけお客様の要望に合致しつつも程度の良い車を見つけてくるのが「福祉車両なび」の役目です!

タグ



ドクターカーの問い合わせ

福祉車両なび.comでは福祉車両やデイケア送迎車、介護タクシーを取り扱っているのですが、この辺の車両をあつかっているからか、ドクターカーや民間パトロール車などの問い合わせもしばしばいただきます。

今日もスタッフの吉田が、とある病院からのつながりで、「ドクターカーを購入したい」という要望を承ってきました。ドクターカーとして使いやすい車を購入して、それを改造したいというご要望が先方さんにあるとのこと。

このあたりのことも、すぐに対応できる体制にしていきます。ドクターカーやドクターカーや民間パトロール車は、一般的な福祉車両とちょっと指向が違う部分もあるので、専門のサイトを立ち上げることも検討中です。

タグ



納車お引き渡し

昨日、1台納車お引き渡しを済ませました。お客様は早く欲しいというはやる気持ちからか、今日にでも欲しいということでしたので、お客様の仕事が終わってから夜の納車となりました。そんなこともあってお引き渡し時の記念写真を撮らなかったので、このブログに掲載できないのがちょっと残念。


障害者手帳を持っている本人だけではなく、お母様もその車を大変気に入って下さいました。こういう風にお客様の笑顔に立ち会えて、また感謝していただけることが、この仕事をやってよかったなぁと思う瞬間です。

タグ

,

2010年10月 7日

スタッフ (10:13) | コメント(0)

カテゴリ:スタッフブログ



社会福祉協議会に貸付制度の問い合わせをしました。

先日、1級の障害者手帳をお持ちの方が車を購入したいということで、社会福祉協議会での貸付し付け制度を彼に紹介しました。


私の方でも、融資額とか車の種類のことなど聞きたいことがあったので、本人に代わってN市の社会福祉協議会に問い合わせをしたのですが、貸付希望者本人と僕との関係や本人の氏名と障害の内容などをいろいろ逆に聞かれました。この制度を悪用している人もいるようなので、こういう形になってしまうのは仕方が無いのかもしれませんね。もちろん私にやましいところは無いんで、堂々と回答しましたけどね。


でも対応してくれた職員の方は丁寧で、答えられる範囲のことはお答えいただいたんで、ありがたく思っています。話の内容を本人に伝え、後日、本人の都合のよいときに改めて窓口にいってもらう形になりました。希望通りの貸し付けが受けられることを願うばかりです。

タグ

,

2010年9月17日

スタッフ (14:56) | コメント(0)

カテゴリ:スタッフブログ



ニッシン自動車工業さんを訪問してきました

縁あって先日、埼玉県大利根町の工業団地にある株式会社ニッシン自動車工業を訪問してきました。

ニッシン自動車工業といえば、身体障がい者用自動車運転装置の開発の第1人者です。

乗る人の動きに合わせた徹底したオーダーメイドで福祉車両を製作していて、自動車メーカーに技術提供も行っています。その分野では全国に名が知られているだけでなく海外からも技術の引き合いが来ています。

社長の亀田藤雄さんが、事故で車椅子生活を余儀なくされたことをきっかけに、身体障がい者用自動車運転装置の開発に取り組んだということもあって、車いすに乗って仕事をされている社員の方も多いです。

車は国産外車を問わず、様々なオーダーメイド改造の案件が持ち込まれているそうです。



個別の改造された部分をいくつか見せていただきましたが、細かい配慮かなされた改造ばかりで、ただただ感嘆するばかりでした。

一番の特徴は、体の不自由な方のみが運転できる専用車ではなく、ご家族なども違和感なく運転できるような改造を施すのが基本となっていることです。



小雨の中、部長の市田さんには操作の実演を交えつつ、いろいろなお話をうかがいました。ありがとうございました。また、ニッシン自動車工業さんのご協力もいただけることになりましたので、「福祉車両.com」が皆さんのお役にたてるよう、さらに発展させていきたいと思っています。

タグ



障がい者用駐車場が新たに出来ていました

tibakouginn2.jpg以前良く利用していた銀行に久しぶりに用事があっていったら、障害者用駐車場が新たに出来ていました。

もともと左側フェンスの向こう側にも障害者用駐車場はあったのですが、この新たに出来た駐車場は場所がなかなか考えられています。

というのも、スロープと一直線なんです。


tibakouginn.jpgこの大きさの写真ではちょっとわかりずらいかも知れませんが、手前のスロープを下りて行った正面が1枚目の写真の場所になります。これはなかなか使いやすそうですね。

個人的には、この新たに出来た駐車場のスペースが以前は何だったかちっとも思い出せないのが、どうも気持がすっきりしませんが(笑)

タグ

2010年7月15日

スタッフ (12:05) | コメント(0)

カテゴリ:スタッフブログ



このページの先頭へ

外国為替